ぽっこりお腹などの部分太りや肥満症は男性・女性に関係なくお悩みの方が多い症状です。 Q&A詳細

Q&A詳細

脂肪細胞は脂肪吸収以外ダイエットで減らせる方法は無いですか?

脂肪細胞は脂肪吸収以外ダイエットで減らせる方法は無いですか?
私はダイエット成功しましたが高校時代の時80キロほどありました。今はリバウンドしつつあります。脂肪細胞をなくせばリバウンドはしにくいのでしょうか?
ドクターからの回答
 大井 弘一 医師
リバウンドを防ぐ方法としては脂肪細胞の数を減らすことも重要ですが、やはり摂取するカロリーと消費するカロリーとのバランスをとることも重要です。いくら脂肪細胞だけを減らしても、カロリーをとりすぎれば内臓や筋肉内に霜降り状につくことになりますね。
脂肪吸引は部分痩せの方法であってその部分はリバウンドはしにくくはなりますが、肥満の治療ではないことをご理解ください。
※このQ&Aデータベースは、実際にあった患者様からの質問をデータベース化したものであるため、費用等の情報に一部古いものも含まれます。最新の情報については、実際にクリニックへお問い合わせ下さい。

検索結果一覧に戻る

Q&Aとあわせてチェックしておきたい
  • 症例写真検索はコチラ
無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0800-919-9671 【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
受付カウンセラー直通 0800-919-9671 【受付時間】9:30〜20:00
夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
  • 脂肪の蓄積と燃焼のメカニズム
  • 聖心美容外科の5つの約束
  • クリニックのご紹介
  • ドクターのご紹介
  • 安心の保証制度
  • 24時間緊急サポート
  • 症例写真
  • Q&A
  • 脂肪吸引のすべて
.