ぽっこりお腹などの部分太りや肥満症は男性・女性に関係なくお悩みの方が多い症状です。 症例写真詳細

症例写真詳細

脂肪吸引
大腿全周、臀部 術後2週間
2008.10.10
担当ドクター : 伊藤 康平 医師
ビフォー
もともと、脂肪が多く付いているわけではないです。
大腿外側には、比較的脂肪が付いています。

脂肪幹細胞移植目的の脂肪吸引ですが、当然脂肪を取った部位のラインもきれいに仕上げる必要があります。
↓
アフター
太もも全体から臀部の脂肪吸引をして、2週間経ちました。
すでに、腫れや内出血はほとんど、良くなっています。
脂肪吸引は、丁寧に吸引してあげると、内出血や腫れは最小限にすることが出来ます。

無駄に脂肪を取ると、臀部のたるみなどが出てしまいますので、残すとこは残すのが重要です。
※症例写真集に掲載されている画像の無断転載・引用・借用等は堅く禁止いたします。
症例写真とあわせてチェックしておきたい
  • この施術に関連のQ&A検索はコチラ
無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0800-919-9671 【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
全国共通フリーコール
受付カウンセラー直通 0800-919-9671 【受付時間】9:30〜20:00
夜間は新規ご予約のみとなります 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
<
  • 脂肪の蓄積と燃焼のメカニズム
  • 聖心美容外科の5つの約束
  • クリニックのご紹介
  • ドクターのご紹介
  • 安心の保証制度
  • 24時間緊急サポート
  • 症例写真
  • Q&A
  • 脂肪吸引のすべて
.