ぽっこりお腹などの部分太りや肥満症は男性・女性に関係なくお悩みの方が多い症状です。 お薬によるダイエットサポート

食事療法・運動療法などの各種ダイエットを強力サポート!

医師の診察・指導のもとに、内服薬でサポートしながら無理なくダイエットを行うことを
「メディカルダイエット」と呼びます。
使用するお薬には、生活習慣に合わせて2種類を処方しています。
ここでは、それぞれのお薬について、簡単にご紹介していきます。

  • 脂肪の吸収を抑制 脂肪吸収抑制剤
  • 食欲を抑える 食欲抑制剤
  • 糖分の吸収をカット 糖質吸収抑制剤

脂肪吸収抑制剤は、脂肪吸収を抑制。脂肪分の多い食事を好まれる方に。

脂肪吸収抑制剤は、体内での脂肪分の吸収に焦点をあてている医薬品です。
脂肪分の多い食事を好まれる方や普段の食事量を減らしたくない方に、おすすめのダイエット法として、ヨーロッパをはじめとする多くの国で肥満治療に使用されています。

また、高血圧・高コレステロール・高血糖値といった成人病の危険因子を改善する、というメリットもあります。

効果の仕組み

食品で摂取した脂肪分を吸収するためには脂肪分解酵素(リパーゼ)で分解する必要があります。
脂肪吸収抑制剤は食事と一緒に服用することで、この脂肪分解酵素(リパーゼ)の働きを抑制します。
つまり、脂肪吸収抑制剤を服用することにより、これまでと同じ食事をしても脂肪の吸収が抑えられる(摂取カロリーが減る)ので、減量が見込めます。
脂肪吸収抑制剤は吸収されなかった脂肪とともに便として排出され、体内に蓄積されることがありません。

※脂肪分の吸収を抑える薬なので、普段から和食などの脂肪分の少ない食事をとっている方にはあまり効果は見込めません。

食欲抑制剤は、食欲を抑制。ついつい食べ過ぎてしまう方に。

食欲抑制剤は、厚生労働省が正式に認可した医療用の食欲抑制剤です。食欲にかかわる神経に働きかけて食欲を抑制することで、摂取カロリーをコントロール。体重の減少が望めます。
食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が70%以上またはBMIが35以上)の、食事療法及び運動療法の補助を適応症とした医薬品です。

糖質吸収抑制剤は、糖分を抑制。ごはんや甘いものがやめられない方に。

糖質吸収抑制剤は、前糖尿病治療薬として国内で承認がされている内服薬です。インスリンの分泌をコントロールして、糖分の吸収を抑制します。
「食欲が旺盛なわけでなく、脂っぽい食事を好むわけでもないが、ごはんや甘いものは大好物。」という方に適した医薬品です。

上記はどれも医師の診察・指導のもとに処方する医薬品です。服用上の注意や用法・用量を厳守していただきます。副作用、既往症等により服用いただけない場合もございますので、当院では処方の際は必ず医師によるカウンセリングをお受けいただきます。
薬効効果の高い医薬品のため、ネット通販などで安易に使用せず、お近くの取り扱いクリニックにて診察・処方されることを強くお勧めいたします。

ダイエットに成功したような、自然なサイズダウンをご希望の方に 注射やマシンで少しずつサイズダウンも見てみる
無料メール相談
無料カウンセリング予約

全国共通フリーコール  ※受付カウンセラー直通

  • 0800-919-9671 【受付時間】9:30〜20:00
  • 0120-773-566 【受付時間】20:00〜23:00
.